鎌倉・江ノ島ウォーキング

鎌倉、江ノ島を中心にした、ウォーキング話題

≫ EDIT

大倉山梅林2

前回の記事から1週間後の大倉山梅林です。
そろそろ見ごろでしょうか。
1706.jpg

1707.jpg

1708.jpg

1709.jpg

1710.jpg

1711.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村



| その他の地域を歩く | 14:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大倉山梅林

大倉山梅林の梅開花状況を見てきました。
咲き始め、というところでしょうか。

1701.jpg

1702.jpg

1703.jpg

1704.jpg

1705.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村



| その他の地域を歩く | 17:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

早速使ってみました 「ささやくおしゃべり」

一昨日紹介した会話ツールを使って、早速古くからの知人男性4人と「公園でビールを飲む会」を行いました。
会話ツールはおおむね期待した通りに動作したのでまずは一安心。少し離れた話し手の声が、耳元で明瞭に聞こえ、ビールも会話も進みました。

コロナ対策以外にもメリットがありました。最近私は少し耳が遠くなって、会話中に「え?」とか「なに?」などと聞き返すことが増えましたが、このツールを使うとそんなことはまったくありません。話者の声だけ(ここが補聴器とは違う)が耳元でよく聞こえました。

ただ、接続するヘッドセットによっては動作が不安定になることがあり、改良の余地はありそうです。
当コミュのイベントでも、食事会や飲み会にこのツールが活用できないか、思案しています。
---------------------------------------------
ソーシャルディスタンスを確保した「公園でビールを飲む会」の様子。手前が私の席で、中央に小さく見えるのが制作した会話ツール。全員のヘッドセットにつながっている。
1695.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村




| 未分類 | 10:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ささやくおしゃべり(ソーシャルディスタンス会話ツール)

コロナ感染の拡大により、飲み会はほとんど開催できなくなりました。
屋外の公園などでの飲み会も、同席者との距離が近いと心配です。2メートル以上のソーシャルディスタンスを確保すればひとまず安心できそうですが、距離が離れるとどうしても声が大きくなり、飛沫も飛びやすくなります。

屋外で数人が、両隣2メートル以上、対面4メートル以上の距離を空け、小さな声で会話できる仕組みはできないか、と考えて設計・製作したのが、このソーシャルディスタンス会話ツール「ささやくおしゃべり」です。

最大6人の参加者は、ヘッドセット(マイクとイヤホン)を付けて直径4メートル以上の円周上に座ります(注1)。この状態で隣の人とは2メートル以上、いちばん飛沫が飛ぶと言われている対面の人との距離は4メートル以上になります。ヘッドセットのケーブルを本ツールに接続すれば準備完了。ささやくような声でおしゃべりをすると、参加者全員のイヤホンにその声が明瞭に聞き取れる大きさで伝達されます。

(注1)ヘッドセットケーブルの長さが2.5m程度の場合。通常1.5mくらいなので、1mの延長ケーブル追加で2.5mになります。延長ケーブルを2mにすれば、隣との距離はさらに大きくすることができます。

ツールとヘッドセット。ヘッドセットは6個まで接続可能。
1692.jpg

ツール外観。
1693.jpg

本ツールは、6チャネルのマイクアンプ、ミキサ、6チャネルの出力アンプから構成されています。マイクアンプと出力アンプは個別に増幅度を設定できるので、マイクやイヤホンの感度のバラツキを調整できます。少し耳の遠い人には、出力を上げて聞き取りやすくすることもできます。

ツール本体は単三乾電池2本で動作し、計算上は100時間くらい連続使用できます。充電型単三電池(エネループなど)を使用すれば、エコでもあります。外形寸法は180×130×40mm、重量は約500gと小型軽量なので、屋外に簡単に持ち出すことできます。

主な仕様
・チャネル数:6
・入力インピーダンス:約5kΩ
・周波数特性:40Hz~4kHz(-3dB)
・利得
  入力アンプ:12dB~30dB(×4~×33)
  ミキサ:10dB(×3)
  出力アンプ:6dB~22dB(×2~×12)
  総合:28dB~62dB(×24~×1200)
・最大出力:±0.8V、21mW(RL=30Ω)
・電源:単三乾電池2本
・外形寸法:180×130×40mm
・重量:約500g

ツール内部。プリント基板上下2枚で構成。
1694.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村



| 思うままに | 10:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

くりはま花の国~燈明堂

来月、「くりはま花の国散策と海辺の農園でレモン狩り」というイベントがあります。その下見に行ってきました。

当初くりはま花の国は、よくある公園のように平坦な公園かと思っていました。そのためどこからでも入れるだろうと安易に考えていましたが、ちょっとした山の趣です。まず入口を見つけるのに苦労しました。

最初にパークゴルフ場へ着いたのですが、ここから園内に入れません。地図上は園内とつながっているのですが、パークゴルフ場の係員に聞いたら、昨年の台風の影響でがけ崩れがあり、通行止めとのことでした。

回り道をしてようやく園内へ。
園内にはメインストリートのような舗装された道が続いています。

正門入口
1677.jpg

木製の階段。下りなかった。
1678.jpg

ゴジラのオブジェ。
1679.jpg

花は少なかった。11月下旬には菜の花が開花するらしい。
1680.jpg

天空レストラン ロスマリネスのテラス席。奥にBBQ用の席が多数ある。
1681.jpg

ここで欧風カレーライス800円を食べた。手前は私の帽子とリュック。
1682.jpg

テラス席からの眺望。
1683.jpg

ランチ後、坂道を下ってくりはま花の国の外へ。
しばらく一般道を歩いてペリー公園へ向かいました。

ペリー公園の前の道。
1684.jpg

ペリー上陸資料館。
1685.jpg

レモン狩りを予定しているので、ファーマシー農園へ。急な坂道を上った先に農園はありましたが、営業日ではないので門は閉まっていました。その後、燈明台海岸へ。燈明台を見学後、海岸へ出て海を眺めながら缶ビールでしばし休憩。

レモン園入口。
1686.jpg

燈明台。昔の灯台。
1687.jpg

海で缶ビール。
1688.jpg

最後に当日寄る予定のマリーナレストラン・クリッパーのテラス席を見てきました。予想よりもこじんまりしたレストランで、テラス席にはストーブもあって冬でも何とか過ごせそうです。

海を見渡すレストラン・クリッパーのテラス席。
1689.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村



| その他の地域を歩く | 07:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT