鎌倉・江ノ島ウォーキング

鎌倉、江ノ島を中心にした、ウォーキング話題

≫ EDIT

小田原散策

小田原城には何度か行ったことがありますが、小田原市街はほとんど知らなかったので、ぶらりと歩きました。

小田原駅を出てまず向かったのは小田原城。お城通りをまっすぐに進み、小田原城の北側、御用米曲輪の横を通って城内へ。本丸をはじめ茶屋、常盤木門、NINJA館、銅門などを見て歩き、報徳二宮神社に立ち寄りました。

本丸。いつ見ても威風堂々。
1801.jpg

広場から常盤木門方面を見る。
1802.jpg

報徳二宮神社。大木と紅葉に囲まれていた。
1803.jpg

二宮神社を出て、すぐ隣の郷土文化館へ。館内では縄文・弥生時代の石器から小田原北条氏時代の資料、明治大正時代の小田原の紹介など豊富な資料が展示されていました。

小田原市郷土文化館の外観。
1804.jpg

郷土文化館を出て、かまぼこ通りへ。小田原の海岸に沿って東西に200メートルくらいの路地に、昔ながらの「かまぼこ」や「ねりもの」の店が並んでいるとのことでしたが、実際に見かけたのはたった3~4軒。多分この辺りにはもっとあるのでしょうが、他の道にも分散しているようです。

小田原かまぼこ通り。
1805.jpg

老舗「籠清」にも立ち寄りましたが、1本3,000円以上の板付かまぼこなどが並んでいて、思わず引いてしまいました。ちょっと変わったお店としては、足湯付きのおでんやさん。足湯に浸かりながらおでんで熱燗をやったら、すぐに酔いが回りそうです。

足湯付きのおでん屋さん。
1806.jpg

かまぼこ通りを右折して海(御幸の浜)へ。明治天皇と皇后がおそろいで漁夫の地引網をご覧になったことから、この浜辺は「御幸の浜」と呼ばれるようになったそうです。普通の砂浜と異なり、玉子大の丸石がごろごろしていました。

海岸への扉。向こうは御幸の浜。
1807.jpg

しばらく石だらけの浜を歩き、荒久の灯台を越えてから一般道に入り、早川橋を渡って早川港へ。港の手前から鮮魚料理店が何軒も並んでいます。一番奥にある「小田原早川漁村」というお店に入りました。ここは1階が浜焼き、2階が海鮮丼屋さんになっていて、私は2階でまぐろ丼(1,408円)と黒バラのり味噌汁(165円)を注文しました。

まぐろ丼は、漁港のお店にしてはあまり美味しくなかったです。スーパーで買ったまぐろと変わらない感じでした。

まぐろ丼と黒バラのり味噌汁。
1808.jpg

昼食後は来た道を戻り、白秋童謡館と小田原文学館へ。私は文学の素養がないせいか、文学館などは一人で入館しても面白くない(時間を持て余す)ため、今回は外観を眺めるだけにしました。それでも白秋童謡館は昔の風情があり、周囲を見るだけでも価値はあったと思います。ちなみに今回は来春の小田原散策イベントの下見を兼ねており、イベント時には館内にも入る予定です。

白秋童謡館
1809.jpg

小田原文学館
1810.jpg

次に向かったのは老舗パン屋さんの「柳屋ベーカリー」。あんこが一杯に詰まったあんぱんが目当てです。つぶしあんとこしあんのあんぱん(いずれも税込216円)を各1個買いました。他にも栗きんとんや大正金時のあんぱんなどが多種あり、お店にいた他のお客さんは、皆さん10個、20個とまとめ買いをしていました。翌日食べましたが、あんぱんと言うよりは、甘過ぎない上質なあんこ玉を食べているような感じで、美味しかったです。

柳屋ベーカリー。古民家風の店舗。
1811.jpg

清閑亭は、長い坂道を上った先にありました。黒田長成侯爵の別邸とのことで、純和風の昔懐かしい建物でした。

清閑亭の2階の部屋。
1812.jpg

小田原城の敷地内を南側から東側(正門)に抜け、小田原駅に。駅前の商業施設「ミナカ小田原」へ立ち寄りました。ここは江戸情緒薫る「小田原新城下町」と、その後の14階建て「タワー棟」から成る商業施設です。飲食店が多く入っていました。カフェや土産物店もありました。

ミナカ小田原の小田原新城下町
1813.jpg

ミナカ小田原の3階商店街と広場。後のビルがタワー棟。
1814.jpg

一通りお店を見た後、14階の展望足湯へ。海も見える見晴らしの良い建物の屋上に、無料の足湯があります。私も疲れた足を休ませるために浸かりました。小田原の景色を眺めながらの足湯は、リラックスできて気持ち良いです。ただ、寒かったせいかお湯がぬるく感じました。お湯の温度がもう少し高ければ最高でした。

展望足湯。
1815.jpg

私も足湯に浸かった。
1816.jpg

足湯を楽しんだ後、小田原駅に下りて帰宅しました。

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村





| その他の地域を歩く | 14:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

富岡総合公園散策と南部市場&三井アウトレット

金沢シーサイドラインで南部市場駅まで行き、富岡総合公園を散策後、南部市場と三井アウトレットを訪問しました。

富岡総合公園は、海沿いの景勝地に造られた公園で、かつて日本海軍の基地「横浜海軍航空隊」がありました。樹林地は、鳥獣保護区に指定されており、木立の中の散策や野鳥観察を楽しむことができるほか、桜並木、梅林、ボタン園では、四季折々の花を見ることができます。

南部市場駅から約300メートルで富岡公園の入り口に着きます。長い坂道を上って園内へ。園内の広場では、何組かの保育園児が遊んでいました。

富岡公園内、小鳥の広場
1781.jpg

遊歩道。園内はきれいに整備されている。
1782.jpg

公園内にはテニスコートとアーチェリー場があり、テニスの練習を終えた何人もの年配の方とすれ違いました。

広々としたアーチェリー場。的が遠い。
1783.jpg

道の右側は多目的広場。
1784.jpg

公園をいったん出て道路を横断し、北台展望台へ。階段の先の展望台からは、根岸湾や本牧方面の建物などを見渡すことができました。

北台展望台。
1785.jpg

展望台を下りて一般道を歩き、南部市場駅を越えて市場へ。南部市場には、水産物や野菜などの食材を扱う「食の専門店」と、レストランなどで構成される「ブランチ横浜南部市場」が並んでいます。今回は両方に行ってみました。

南部市場外観。
1786.jpg

食の専門店街。鮮魚、肉、野菜などのお店が並ぶ。
1787.jpg

新鮮そうな野菜が安い。
1788.jpg

肉や魚などいろいろな商品が売られていましたが、相場がわからないので肉や魚は素通りし、今回は時期外れ?のトマトをゲット。多分安かったと思います。

購入したトマト。5個310円。
1789.jpg

昼食は、場内の花板食堂というお店で、マグロ丼とラーメンのセットをいただきました。ラーメンは普通の味でしたが、マグロ丼は小さいどんぶりに沢山のマグロが入っていて、美味しかったです。

昼食に入った花板食堂。
1790.jpg

マグロ丼とラーメンのセット。税込1,045円。
1791.jpg

南部市場を後にして、三井アウトレットへ。場内は意外と人が少なく、空いていました。アディダス、アシックスなどのお店に寄りましたが、結局何も買いませんでした。

三井アウトレット内。
1792.jpg

三井アウトレット内。正面はヨットハーバー。
1793.jpg

成城石井のコンビニ?でアイスクリームを買い、ヨットハーバーを眺めながら一休み。その後帰宅しました。

ヨットハーバー。
1794.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村




| その他の地域を歩く | 12:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

軍港と坂道と少しだけ山口百恵の街・横須賀を歩く

山口百恵が引退してから約41年。彼女ももう62歳。
最近、久ぶりに彼女の「蒼い時」を読み返しました。序章は「横須賀」。小学2年から中学2年まで、横須賀で暮らした6年間のことがほんの少しだけど書かれています。

今まで横須賀といえば、どぶ板通り、ヴェルニュー公園、三笠公園、猿島など、海岸よりの場所しか歩いてなかったので、山口百恵ゆかりの横須賀を歩いてみました。

汐入駅に下り、いつもは北の海岸方向へ歩くのを、南の商店街方面へ。
昔ながらの商店街は、シャッターが閉まっているお店が多かったです。

汐入駅南側の商店街。シャッターが下りている店が多かった。
1761.jpg

バス通りを歩いていると、右手に子之神社が見えました。
さらに行くと、左手に馬頭観音。この坂道はとても急だったので、上り下りの荷馬車が大変難儀をし、そのためにここで倒れた馬の霊を慰めるために建てられた観音様だそうです。

子之神社
1762.jpg

馬頭観音
1763.jpg

しばらく道路を歩いて、山口百恵が6年間を過ごしたた鶴ケ丘団地へ。年季が入った建物が並んでいましたが、彼女が入居したころはまだ新しかったようです。

鶴ケ丘団地。この階段を山口百恵も上ったのだろうか。
1764.jpg

団地内の建物。年月の経過を感じさせられる。
1765.jpg

さりげなく見学後、すぐ隣の横須賀アリーナへ。屋内プールがあり、中学生くらいの子供たちがたくさん出入りしていました。家を出たのが遅かったのでお腹がすいてきたため、館内のレストラン「オールシーズン」へ寄り、わかめラーメン620円をいただきました。かき氷が310円など、リーズナブルな値段のお店でした。

サブアリーナ内のレストラン、オールシーズン。体育会系の方が多かった。
1767.jpg

わかめラーメン620円。
1766.jpg

アリーナの隣には、「蒼い時」で「まだ作りかけ中だった市営グランド」と書かれていたグランドが、きれいに整備されていました。

きれいな陸上競技用のグランド。
1768.jpg

昼食後、山口百恵が通った鶴久保小学校を経て不入斗中学校へ。「蒼い時」によれば、彼女はこの「山に囲まれた木造校舎」で中学2年まで過ごしたそうですが、今ではよくある鉄筋コンクリートの校舎に代わっていました(当然!)。

鶴久保小学校。
1769.jpg

不入斗中学校。当時は木造だったらしい。
1771.jpg

彼女は中学校の前にあった「新井ベーカリーの揚げソーセージ」がお気に入りのようでしたが、残念ながらこのお店は残っていません。少し先には昭和レトロな「浜田屋製パン」があり、自家製の焼きたてパンがリーズナブルな値段で売られています。もしかしたら彼女もここでパンを買っていたかも知れません。

新井ベーカリーのあった場所は、駐車場になっていた。
1770.jpg

レトロなパン屋さん。暑いせいかパンの数は少なかった。
1772.jpg

彼女が毎週日曜日には通っていたという横須賀市立中央図書館に寄りましたが、多くの席に「自習禁止」の張り紙があって、勉強はできなさそうです。図書館を出てすぐ前の緒明山公園を抜け、しばらく街中を歩いて平和中央公園へ行きました。途中には地元の人が「これっきり坂」と呼んでいる坂道があります。阿木燿子(作詞)・宇崎竜童(作曲)のヒット曲「横須賀ストーリー」にちなんだ坂で、上りきったところにある平和中央公園からは、今も海が見えます。

横須賀市立中央図書館。
1773.jpg

緒明山公園。
1774.jpg

  これっきりこれっきり
  もうこれっきりですか
  急な坂道駆け上ったら
  今も海が見えるでしょうか
  ここは横須賀

これっきり坂。何の変哲もない坂だが、駆け上ったら海が見えそう。
1775.jpg

平和中央公園は、今年4月にリニューアルが終わったばかりのとてもきれいな公園ですが、休日にもかかわらず人影はまばらでした。高台には平和モニュメントがあり、そこから横須賀の海を眺望できます。正面には猿島も見えました。

平和中央公園。
1776.jpg

平和モニュメント。
1777.jpg

平和モニュメントからの眺め。猿島が見える。
1778.jpg

公園内を散策後、横須賀市自然人文博物館へ。特別展示「足跡から探る太古の世界・恐竜からナウマンゾウまで」が開催中で、他にも「江戸時代の漁師の家」や「三浦半島の森林ジオラマ」など、横須賀に関係のあるものがたくさん展示されています。

横須賀市自然人文博物館。
1779.jpg

入口を入るとすぐにナウマンゾウの模型がお迎え。
1780.jpg

博物館を出てから龍本寺に寄り、裏の急な階段を下り、横須賀ブラジャーでおなじみの若松マーケットを歩いて横須賀中央駅に戻りました。

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村




| その他の地域を歩く | 18:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

荒崎公園からソレイユの丘へ

4月中旬に、荒崎公園からソレイユの丘を歩きました。
京急三崎口駅~バスで荒崎へ。バス停から荒崎公園までの途中にあった長慶寺荒井観音堂に寄り道。もうツツジが満開を迎えていました。

長慶寺荒井観音堂のツツジ。
1743.jpg

憩いの広場。
1744.jpg

岩礁。
1745.jpg

どんどん引き。
1746.jpg

海岸線。
1747.jpg

夕日の丘。
1748.jpg

夕日の丘の展望台。
1749.jpg

展望台からの風景。
1750.jpg

潮風の丘への階段。
1752.jpg

潮風の丘。
1753.jpg

憩いの広場から海岸に出る道。
1754.jpg

右手に弁天島。
1755.jpg

この日は弁天島を通って海岸沿いにソレイユの丘へ向かいました。途中、地元の料理店「新兵衛」でアジフライ定食のランチ。アジフライはものずごくふかふかしていて美味しかったです。

アジフライ定食。
1756.jpg

ソレイユの丘正門。
1757.jpg

ネモフィラが見ごろを迎えていた。
1758.jpg

正面の建物はほたる館。
1759.jpg

じゃぶじゃぶ池。子供たちの姿はなかった。
1760.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村



| その他の地域を歩く | 21:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

陣ヶ下渓谷公園から水道記念館へ

2月末に、陣ヶ下渓谷公園から水道記念館を歩きました。
陣ヶ下渓谷は、源頼朝の御家人和田義盛が狩の陣を張ったのでこの名が付けられた、と言われている渓谷公園です。
相鉄線西谷駅から高台へ上り、西谷中学校脇を歩いて川島町公園へ出ました。それから杉山神社に参拝し、陣ヶ下渓谷公園へ。

陣ヶ下渓谷公園。
1732.jpg

鬱蒼とした渓谷。
1733.jpg

川沿いの道は短く、すぐに林道へ。
1734.jpg

林道の先の遊歩道。
1735.jpg

広場のベンチ。ここでお弁当を食べられそう。
1736.jpg

陣ヶ下渓谷公園を出て一般道を歩き、水道記念館へ。コロナの影響で館内は閉鎖されていたため、庭園を散策しました。結構広い庭には、昔使われていた水道管などの展示が多数ありました。

水道記念館。
1737.jpg

庭の展示品の例。
1738.jpg

庭園からの眺望。ランドマークタワーなどが見える。
1739.jpg

庭園。
1740.jpg

水道記念館を出て、上星川駅に向かう途中に、旧計量器室跡があったので立ち寄りました。建物内はがらんどうでしたが、建物自体はしっかりとしていました。

旧計量器室跡
1741.jpg

上星川駅前のカレー屋さんでランチ。カレー定食850円。
1742.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村



| その他の地域を歩く | 16:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT