鎌倉・江ノ島ウォーキング

鎌倉、江ノ島を中心にした、ウォーキング話題

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ブルーレイレコーダを修理

パナソニックのブルーレイディスクレコーダー 「DMR-BRG2020」の画像が乱れるようになったため、内臓ハードディスク(以下HDD)を交換したところ、正常に動作するようになりました。通常、半導体はめったに壊れないので、電子機器の故障の原因は、可動部のある部品に由来することが多いです。今回も論理的に故障原因を突き止めたのではなく、HDDだろうと見当をつけての修理でした。

ただ、HDDにはその機器のシステム情報や一部ファームウェアなども書き込まれていることが多く、新品のHDDに交換するだけでは正常に動作しません。パソコンのHDD交換と同じです。そのため古いHDDの内容を丸ごとコピーしてから組込みました。

内臓HDDは、「Western Digital」社の「WD20EURX WD AV(2TB)」です。この際容量を増やすことも考えましたが、2TBあればほぼ十分だし、容量増にはHDDの一部データの書き換えが必要らしいので、まったく同じHDDをアマゾンで入手しました(9,500円)。この際注意すべきは、AV仕様のHDDであること。パソコン用のHDDではうまく動作しません。丸ごとコピーのツールもなかったので、ロジテック社のデュプリケーター「LGB-2BDPU3ES」をアマゾンで購入しました(4,136円)。

機器の分解と組立は、さほど難しくはありませんでした。予想外だったのは、HDDのコピー時間。通常は3時間程度で終了するらしいのですが、不良セクタが多いと余計に時間がかかるそうです。それでも4~5時間くらいかとタカをくくっていたら、なんと12時間以上かかりました。途中うっかりデュプリケーターの電源を切ってしまい、もしかしてHDDを破損してしまったかと心配もしました。

HDD交換が完了し、動作確認で録画した動画がきれいに再生されたときはほっとしました。

分解したブルーレイレコーダ。左端がHDD
1865.jpg

HDDの内容を丸ごとコピー。
1866.jpg

コピーを終えたHDD
1867.jpg

HDDを実装。
1868.jpg

組立後、全体像。
1869.jpg

修理完了。
1870.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


| 思うままに | 14:54 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ささやくおしゃべり 2ch版 (ソーシャルディスタンス会話ツール)

2021.01.25付で、ささやくおしゃべり(ソーシャルディスタンス会話ツール)について書きました。このツールは6ch版で、最大6人がヘッドセットで接続しますが、欠点はヘッドセットのケーブルを長く延ばさなければならないこと。イヤホンはインピーダンスが低いので延ばしてもあまり問題ありませんが、マイクはインピーダンスが高いのでノイズを拾いやすくなります。

こそで次に製作したのが、拡張可能な2ch版。2ch単位で増設でき、増設のケーブルは理論上は数十メートル延長可能です。2人の間の距離を離すために、ヘッドセットのケーブルはある程度の長さが必要ですが、6ch版ほどの長さは要りません。例えば6ch版では隣との距離を2m確保するためにはヘッドセットのケーブル長は2m余必要(ツールを中心に一辺が2mの正三角形を3個構成する配置)ですが、2ch版では1m余(隣同士が2mあれば良い)で済みます。

拡張可能な1ch版が理想ですが、ユニバーサル基板(等間隔にランド=導体の丸い穴が並んでいるだけのプリント基板)での配線は製作台数が多いと時間がかかるため、試作的な意味で2ch版を3台製作しました。

2ch版の基板。ユニバーサル基板なので、配線が大変。
1712.jpg

上下にアルミ板を取り付け。
1713.jpg

木製の外箱に収納。
1714.jpg

電気性能的には6ch版とほぼ同じで、実際に「公園でビールを飲む会」で使ってみましたが、話し声は良く聞こえてソーシャルディスタンスを確保した距離でも大声は出さずにおしゃべりを楽しむことができました。

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村



| 思うままに | 06:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ささやくおしゃべり(ソーシャルディスタンス会話ツール)

コロナ感染の拡大により、飲み会はほとんど開催できなくなりました。
屋外の公園などでの飲み会も、同席者との距離が近いと心配です。2メートル以上のソーシャルディスタンスを確保すればひとまず安心できそうですが、距離が離れるとどうしても声が大きくなり、飛沫も飛びやすくなります。

屋外で数人が、両隣2メートル以上、対面4メートル以上の距離を空け、小さな声で会話できる仕組みはできないか、と考えて設計・製作したのが、このソーシャルディスタンス会話ツール「ささやくおしゃべり」です。

最大6人の参加者は、ヘッドセット(マイクとイヤホン)を付けて直径4メートル以上の円周上に座ります(注1)。この状態で隣の人とは2メートル以上、いちばん飛沫が飛ぶと言われている対面の人との距離は4メートル以上になります。ヘッドセットのケーブルを本ツールに接続すれば準備完了。ささやくような声でおしゃべりをすると、参加者全員のイヤホンにその声が明瞭に聞き取れる大きさで伝達されます。

(注1)ヘッドセットケーブルの長さが2.5m程度の場合。通常1.5mくらいなので、1mの延長ケーブル追加で2.5mになります。延長ケーブルを2mにすれば、隣との距離はさらに大きくすることができます。

ツールとヘッドセット。ヘッドセットは6個まで接続可能。
1692.jpg

ツール外観。
1693.jpg

本ツールは、6チャネルのマイクアンプ、ミキサ、6チャネルの出力アンプから構成されています。マイクアンプと出力アンプは個別に増幅度を設定できるので、マイクやイヤホンの感度のバラツキを調整できます。少し耳の遠い人には、出力を上げて聞き取りやすくすることもできます。

ツール本体は単三乾電池2本で動作し、計算上は100時間くらい連続使用できます。充電型単三電池(エネループなど)を使用すれば、エコでもあります。外形寸法は180×130×40mm、重量は約500gと小型軽量なので、屋外に簡単に持ち出すことできます。

主な仕様
・チャネル数:6
・入力インピーダンス:約5kΩ
・周波数特性:40Hz~4kHz(-3dB)
・利得
  入力アンプ:12dB~30dB(×4~×33)
  ミキサ:10dB(×3)
  出力アンプ:6dB~22dB(×2~×12)
  総合:28dB~62dB(×24~×1200)
・最大出力:±0.8V、21mW(RL=30Ω)
・電源:単三乾電池2本
・外形寸法:180×130×40mm
・重量:約500g

ツール内部。プリント基板上下2枚で構成。
1694.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村



| 思うままに | 10:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

魚藍亭監修よこすか海軍カレー「ラーメン」と「うどん」

5/12に発売されたので、翌5/13に近くのFitCare DEPOTで各1個づつ買って試食してみました。
希望小売り価格は193円とのことでしたが、120円台で売っていました。

普通に美味しかったです。期待以上でも以下でもありませんでした。

魚藍亭といえば、先代のおかみさんが、明治末期に日本海軍が発行したレシピ本「海軍割烹術参考書」の「カレイライス」の作り方を忠実に再現し、「よこすか海軍カレー」の礎を築いたお店。認定1号店でもあります。

20席余の小さなお店ですが、ネームバリューは絶大なのですね。
いつか魚藍亭のカレーを食べに行きたいと思っています。


1617.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


| 思うままに | 06:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

正しい歩き方

ウォーキングは、正しく歩けば美容にも健康にも効果がありますが、間違った歩き方を続けると、腰痛や変形性膝関節症になるなど、逆効果と言われています。

正しい歩き方に関しては、ネット上にいろいろな説明が掲載されていますが、各論に分散されていてどれを参考にすればよいのか戸惑ってしまいます。そこで、正しい歩き方について簡単にまとめてみました。

まず最初に、正しい歩き方とそうでない歩き方の違いをイメージで比較してみてください。
図には欧米人の場合と書いてありますが、こちらが正しい歩き方で、日本人の場合と書いてある方が間違った歩き方です。
なんとなく違いが分かりますよね。

1421.jpg
出典:競歩アイランド

正しい歩き方は、簡単にまとめると下記の通りです。
(1) 背筋を伸ばして遠くを見ながら歩く。
(2) 歩幅は広めに、かかとで着地し、後ろ足親指で蹴りだす。(注1)(注2)
(3) 歩隔は10cm程度。(注3)
(4) 腕は進行方向と平行に、後に大きく前は小さく振る。
(5) 速め(時速4.5km~5.5km)に歩く(注4)。


(注1)適当な歩幅は、身長×0.45と言われていますが、さらに10cm伸ばすように心がけると効果が倍増するようです。
歩幅の目安は身長×0.45
プラス10cm歩行」で、ウォーキング効果は格段に上がる

(注2)靴底の減り方を見ると、かかとで着地し後ろ足親指で蹴りだしているかどうか、判定ができるようです。
靴の減り方でわかる?あなたの足のトラブル診断

(注3)歩隔
左右の足裏の間隔。モデルさんはゼロかマイナス、一直線上を歩きます。逆にゴリラは数十センチでしょうか。

1423.jpg
出典:歩行支援プログラムによる歩行の改善

(注4)ウォーキングの速度ってどのくらい!?


にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村



| 思うままに | 20:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT