鎌倉・江ノ島ウォーキング

鎌倉、江ノ島を中心にした、ウォーキング話題

2013年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

軽井沢散策

青春18切符を使って、軽井沢を歩いてきました。
参加者は男女各2名。青春18切符は鈍行列車専用なので、ゆっくりくつろげるように往復ともグリーン車を利用しました。それでも長野新幹線に比べれば、運賃は半額以下です。

横浜から湘南新宿ラインで高崎へ行き、そこから信越線で横川まで行きます。横川-軽井沢間は、新幹線開業に伴って廃止されたので、横川から軽井沢へはJRバスを利用しました。帰りはその逆です。

6時に横浜駅に集合し、全員揃って改札を通過した後、早速スイカorパスモを使ってグリーン券の購入手続き。ちなみにグリーン券はホームの自動機で手続きをすれば950円ですが、車内で買うと1,200円もします。平日は湘南方面から大宮方面へ行く乗客が多く、グリーン車もほぼ満席でした。

横浜を6時26分に出発、途中で空いてきたら4人がワンボックスに合流するつもりでいましたが、合流できたのは高崎に着くほんの少し前。ちょっと残念でしたが、その代わりに睡眠不足を補うことができました。高崎に着いたのが8時50分、約2時間20分の行程です。

横川への電車が出るまでに30分くらい余裕があったので、お土産店をぶらり見物。美味しそうな名産品が色々と並んでいましたが、ちょっと高い感じがしました。その後、9時29分に出た信越線は、10時03分に横川に到着。バスが横川駅を出たのは 10時15分、軽井沢には10時45分頃に着きました。

軽井沢駅前にて
0172.jpg

バスを降りて感じたのは、少し涼しいかなということ。軽井沢は標高1,000メートルくらいの高地なので、横浜より5℃くらい気温が低いはずですが、道路が舗装された街中では照り返しが影響してさほど涼しく感じません。涼しさを実感したのは、軽井沢本通りを避けて両側に大きな木が並ぶ裏道に入ったとき。セミの鳴き声も急に聞こえてきて、涼感を増しました。

裏通りを万平ホテル近くまで歩き、旧軽井沢銀座に出ると、そこに観光会館がありました。早速中に入って情報収集。特に昼食に行こうと思っていたドイツビール・レストランの名前も場所も忘れていたので、パンフレットで確認しました。

観光会館
0173.jpg

旧軽井沢銀座の店を見ながら、ぶらぶら歩いてショー記念礼拝堂へ。そこからさらに先へ進んで、遊覧歩道へ入りました。このハイキング道は比較的なだらかな上り道が続いており、アップダウンが少ない分歩きやすいです。ちなみに鎌倉天園などは、せっかく上ったと思ったら一旦下るなど、精神的には辛いですね。

軽井沢銀座。平日の午前中のせいか、人出は少ない。
0174.jpg

ショー記念礼拝堂。
0175.jpg

遊覧歩道。比較的ゆるやかな上り道。
0176.jpg

つり橋。熊に注意の看板がある。
0177.jpg

もうすぐ頂上。
0178.jpg

約1時間ハイキング道を歩いて、13時少し前に碓氷峠の見晴台へ到着。雄大なパノラマが目の前に広がっていました。下りのバスが13時10分発だったので、見晴台での休憩は10分程度。ちょっと短くて残念でしたが、早くビールを飲みたい気持ちが勝りました。

見晴台からの風景。
0179.jpg

熊野神社。階段を上る時間はなかった。
0180.jpg

1時間かけて上った峠も、真っ赤な遊覧バス?で下りれば、観光会館まで10分。そこから少し歩いて、お目当てのドイツ料理レストラン「キッツビュール」へ。ソーセージ盛り合わせや、ポテト料理、セロリ料理(すべて名前は忘れました)をおつまみにして、生ビールで乾杯しました。美味しいビールでしたが、陶器のジョッキ1杯が1,200円以上ということもあって、1杯でやめました。

山から下りるときに乗ったバス。500円は高いけど、まあ仕方ないか。
0181.jpg

昼食に寄ったドイツ料理店。
0182.jpg

店内
0183.jpg

ソーセージ盛り合わせとビールジョッキ。もう大分飲んだ後。
0184.jpg

料理店の前に同じ経営のソーセージ店があったので、お土産にいいかなと思ってのぞいてみました。が、やっぱりどれも高い。余談ですが、私は軽井沢行きの2日前に町会の盆踊り夜店でフランクフルトソーセージを焼いていましたが、その値段は1本100円。このお店のフランクフルトソーセージとは全く別物であることを思い知らされました。

ほろ酔い加減で本通りを歩いて駅に戻り、反対側にある軽井沢プリンスショッピングプラザ(いわゆるアウトレット)へ行きました。私にはあまり縁のない店がほとんどで、関心があるのはわずかにナイキ、アディダス、テーラーメイド、くらいです。アディダスでいつものように40%オフをやっていたので、帽子(キャップ)を1,500円で買いました。

ショッピングプラザ。空いていた。
0185.jpg

16時20分のバスで帰路につきました。途中高崎駅でビール、ワンカップ、おつまみなどを購入し、始発のグリーン車でワンボックスを確保して、お疲れ様の乾杯。ウォーキング、健康、料理など、いろいろな話をしながら時の経つのを忘れて横浜まで戻りました。

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


| その他の地域を歩く | 16:40 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

準備ができた由比ガ浜海水浴場

1週間前に、鎌倉~由比ガ浜~長谷~大仏ハイキングコース~葛原岡ハイキングコース~北鎌倉~大船を歩きました。学校が夏休みに突入した日。由比ガ浜は、海水浴場として準備が完了していました。

平日のため、人出は少ない
0167.jpg

カラフルなパラソル
0168.jpg

今風の海の家らしからぬ海の家。若者に人気?
0169.jpg

昔風の海の家。私はこちらの方が落ち着きそう。
0170.jpg









にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村



| 鎌倉・江ノ島を歩く | 11:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

衣張山ハイキングコース

サークル定例会として歩いてきました。
参加者は男性3名、女性5名の合計8名。お天気は暑すぎない曇りでした。

いつもは午前9時にスタートするのですが、この日は管理人(私)の都合で急遽午後2時からに変更。実は午前中は町会の盆踊り準備で、やぐらとテントの組立てを手伝っていました。今年は町会の役員をおおせつかっているため、参加せざるを得ません。

小町通りを歩き始めましたが、もう何度も歩いているのと混雑が激しいので、若宮大路の段葛を歩いて鶴岡八幡宮へ。鶴岡八幡宮も参道に少し入っただけで素通りし、衣張山ハイキングコース入口へ。ハイキングコースに入るまで約30分歩きました。

衣張山にこちら側から登ると、急な階段の山道が頂上まで続きます。アップダウンなしの単調登りだけ。途中で1回休みましたが、頂上に出る頃にはかなり汗を流しました。

頂上からの眺めは抜群ですが、夏草が伸びていたため、視界はかなり狭くなっていました。それでも遠く由比ガ浜の海岸や鎌倉の町が見下ろせました。曇り空のため、富士山は見えませんでした。

山頂からの眺め。夏草が生い茂って視界が狭かった。
0162.jpg

0163.jpg

山頂で一休み
0164.jpg

山頂で休憩の後、見晴台に寄って景色を再度堪能した後、山道をしばらく歩いて名越の切り通しへ出ました。ここがハイキングコースの終点です。ハイキングコースは1時間半近く歩きました。その後一般道を歩いて鎌倉駅に戻り、小町通にある和民で懇親会。歩いた後のビールがとても美味しかったです。

名越の切り通し
0165.jpg

懇親会会場
0166.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


| 鎌倉・江ノ島を歩く | 17:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鎌倉宮から天園コースを経て六国見山へ

鎌倉駅から鎌倉宮を経て天園ハイキングコースに入り、半増坊を経て六国見山へ行き、北鎌倉駅に戻るコースを歩いてきました。歩いたコースは、8月定例ウォーキングのコースと、六国見山の見晴台まで同じです(8月定例ウォーキングでは、見晴台から大船駅を目指しますが、この日は北鎌倉駅に向かって下りました)。
コース図

途中、小町通り、鶴岡八幡宮、源頼朝の墓などにも寄り道。小町通は平日でも結構にぎわっています。特に昼食時は飲食店の客引きも目に付きますね。鶴岡八幡宮の源氏池では蓮がちらほら咲いていました。

小町通り。平日でも結構な人出が。
0140.jpg

昔ながらのお土産屋さん。
0141.jpg

まゆを使った工芸品とオカリナのお店。
0142.jpg

ぬれせんべいのお店。奇妙な味のせんべいだけど意外とやみつきに。
0143.jpg

しらす、カキ氷、鎌倉ビールを売っていた。全部好物。
0144.jpg

鎌倉宮の源氏池。蓮がいっぱい。
0145.jpg

ちらほらと咲いている蓮の花。
0146.jpg

源頼朝のお墓にも寄り道をしました。急な階段を上った上に質素なお墓があります。頼朝は52歳で亡くなったそうです。何故鎌倉に幕府を開いたのだろう、などと考えながら歩きました。

源頼朝の墓。ものすごく質素な感じ。
0147.jpg

そばのお店。この日の食べ比べは、信州そばと大分そば。食べ比べてみたい。
0148.jpg

鎌倉宮は遠くから眺めただけで素通り。少し先にある覚園寺にも寄らないで、天園ハイキングコースへの道に入りました。天園ハイキングコースは何回も歩きましたが、反対方向から歩くだけでも新鮮味があります。

天園ハイキングコースへ向かう道。
0149.jpg

天園ハイキングコースの途中の風景。洞窟の中に花が供えられていた。
0151.jpg

神奈川の景勝50選のひとつ、十王岩からの風景。
0152.jpg

半増坊見晴台と、そこからの風景。絶景を眺めながら持参したおにぎりで昼食。
0153.jpg

自作のおにぎり。漆塗りの竹製かごはお気に入り。おにぎりはすでにひとつ食べた後。
0154.jpg

天園ハイキングコースを下りて、今泉台住宅を抜けました。この辺りから北鎌倉周辺は、大きな住宅が多いですね。門柱などに、セコムやアルソックの表示が出ている家が沢山ありました。

住宅街を抜けて六国見山ハイキングコースへ。
0155.jpg

六国見山見晴台と、そこからの風景
0157.jpg

六国見山を北鎌倉方面へ下りる。
0158.jpg

六国見山出入り口。
0159.jpg

北鎌倉駅までの途中にあったヨガのお店(道場?)。レストランかと思った。
0160.jpg

11時に鎌倉駅を出てから、北鎌倉駅に戻るまで、約3時間のウォーキングでした。

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


| 鎌倉・江ノ島を歩く | 16:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

港南台駅から天園へ 帰りは鎌倉駅

7月3日、港南台駅から、瀬上市民の森、金沢市民の森、横浜自然観察公園を経て天園まで歩き、鎌倉駅に出るコースを歩きました。3時間半くらいの行程でした。
コース図

港南台駅を出たのは10時半頃。県立上郷高校の先を回って瀬上沢小川アメニティーへ。右隣を小さな川が流れている小道は、左側に田んぼや畑、その先には山が迫っていて、昔の里山のイメージ。子供の頃の田舎道を思い出します。しばらく歩くと瀬上市民の森の中の池の下広場に着きました。

瀬上沢小川アメニティー
0127.jpg

池の下広場
0128.jpg

そこから馬の背休憩所を目指して急な階段と坂道を登ります。全行程で登りがきついのはここだけ、その後は比較的平坦なハイキング道が続きます。駅を出てから馬の背休憩所まで約50分。少し先の馬頭の丘休憩所には木製のベンチがありましたが、休まずに先へ。そこから延々と金沢市民の森、横浜自然観察公園の尾根道を歩きます。約50分歩いて市境休憩所に着きました。

馬の背休憩所への急な坂道。一部は階段になっている。
0129.jpg

馬の背休憩所の標識。要所要所に標識がある。
0130.jpg

馬頭の丘休憩所
0131.jpg

見晴台休憩所への入口
0132.jpg

見晴台休憩所からの眺め
0133.jpg

ハイキング道。比較的平坦。
0134.jpg

横浜市で一番高い大丸山への分岐。寄らなかった。
0135.jpg

市境休憩所で持参した菓子パンと野菜ジュースでエネルギー補給。食後はベンチに腰掛けてしばし文庫本を読みながら休息。休憩所を出発したのは、約30分後。約20分で天園に着きました。天園は標高約160メートルで、鎌倉市では最高の場所。遠く景色を眺めてから、天園ハイキングコースには入らず、獅子舞経由で下山して鎌倉駅に戻りました。

天園休憩所が見えてくる。
0136.jpg

天園は鎌倉市で一番高い場所。そこからの景色
0137.jpg

獅子舞経由の道。地面がぬかるんでいた。
0138.jpg

鶴岡八幡宮では七夕の準備
0139.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村



| 鎌倉・江ノ島を歩く | 06:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |